株式会社設立を自分で行うための注意点やお役立ち情報をまとめています。
法人印鑑
株式会社設立を自分で設立   安い法人印鑑   税理士を探す

ホテル・旅館の開業に必要な許可・認可届出

HOMEへ

ホテル・旅館の営業を始めるためには?

管轄の保健所に「旅館業営業許可申請書」が必要になります。この書面のフォーマットは各保健所によって異なりますので、保健所のダウンロードフォーマットを参考にしてください。

 

また、下記の際も旅館業営業許可申請書が必要になります。

 

1.旅館業を新しく経営しようとする場合

2.営業施設を移転する場合(仮設店舗を含む)

3.営業の種別を変更する場合

4.大規模な増改築を行う場合

5.旅館業の営業者が変わる場合(個人から法人,法人から個人を含む)

 

許可に必要な添付書類

1.申請手数料2万2000円

2.建築基準法に基づく検査済証の写し

3.消防機関が発行する消防法適合通知書

4.旅館業営業施設構造設備概要書 

5.敷地内配置図(縮尺、方位、間取り、各室の用途等を明示したもの)

6.施設内平面図(縮尺、方位、間取り、各室の用途等を明示したもの)

7.水道水以外の水を飲用に使用する場合は、水質検査成績書の写し(水質基準に関する省令に定められている

全項目)

8.その他保健所長が必要と認める書類

9.法人にあっては、定款又は寄附行為の写し及び登記事項証明書

10.付近200メートル以内の見取り図(学校などの敷地がおおむね100メートル以内の距離にある場合は,その距離を明示すること)

 

ホテル・旅館の許可申請に関して

ホテル・旅館内で飲食店を行う場合は、飲食店開業の許可が同様に必要になります。またBARなどを行う場合はお酒関連の申請も必要になります。

 

ホテルや旅館はかなり沢山の申請が必要になります。

大きなホテルを行う場合は行政書士に依頼することをお勧めします。

この記事が役に立った!という方は是非シェアをお願いします。
無料ホームページ作成   安い法人印鑑   税理士を探す

法人印鑑

税理士を探すのは非常に難しいです。自分にあった税理士を探すためにしっかりと検討してください。


 おすすめの記事

【サイトオープンのお知らせ】

会社設立情報のスタピ(スタートピッグ)をオープンしました。株式会社設立や合同会社設立の情報が満載です。

会社設立に必須な商品紹介

■オンラインで設立を安く!

申込みから設立までWeb上で可能になります。迅速かつ低価格のサービスなのでお勧めです。

株式会社:212,800円

合同会社:69,800円

と自分で行うより安く会社設立が可能なのが魅力!!余計な費用は一切かかりません。

■法人印鑑は設立前必須!

即日対応がうれしい!」法人設立に印鑑は欠かせません!個人の印鑑署名用と会社設立3本セットもすぐに届く!安くて早くてしっかりした法人印鑑販売サイトは他にはありません。

印鑑・実印・はんこ・法人印鑑の専門店「ハンコヤドットコム」 安心の品質と価格でご提供!

■設立後はホームページ!

設立後の無料ホームページ

操作性抜群の無料ホームページJmdo!KDDIが運営しています。無料テンプレートで見ているホームページのまま編集するのは画期的!作成と同時にスマートフォンも対応してこれで無料はすごすぎる!!

Jimdoで無料ホームページを作成する

当サイトについて

株式会社設立を自分で行うためにお役立ち情報を掲載しています。