株式会社設立を自分で行うための注意点やお役立ち情報をまとめています。
法人印鑑
株式会社設立を自分で設立   安い法人印鑑   税理士を探す

会社設立時の資本金払込証明書の口座とタイミング5つのポイント

定款の認証が終了したら、資本金を払い込み「資本金払込証明書」を登記の際に提出する必要があります。ものすごく他の書類に比べたら簡単なので、頑張って作成してください!!

不明点があったら、下記コメント欄にコメントいただけたら嬉しいです。

証明書書き方雛形のダウンロードは下記より行ってください

■資本金払込証明+書き方説明月

データ:Wordファイル

使用用途:会社設立登記時に利用します

 

ダウンロード詳細はこちらから

1.発起人(設立する人)名義の銀行口座を用意する

発起人(設立する人)の名義の口座であれば何でも構いません。法人の口座になるわけではありませんので問題なしです。

自分の口座と分けたい方は、インターネット口座をお勧めします。

 

2.残高ではダメ、振り込んだ証明がいります

念のためですが、

「資本金=現在の通帳の残高」

というのはやめておきましょう。銀行に振り込んだ証明が必要です。

※自分の口座に振り込みなおしても構いません。

下記は2人で設立する場合の資本金100万円の事例です。

※からなず、発起人(設立する人)の名義で銀行口座に振り込みましょう。

3.入金が終了したら、通帳のコピーを取りましょう!!

<コピーを取る場所について>

①表紙

②通帳を開いて氏名や口座番号が書いてあるページ

③入金が記帳されているページ

 

上記ページの内容でしっかりとコピーを取っておきましょう。

 

4.振込証明書の作成

当サイトのダウンロードページに書き方の掲載が乗っていますので、こちらからダウンロードしてください。

振込証明書書き方サンプルダウンロード

 

■株式に悩んだら下記を参考にしてください。

株式会社設立時・定款の発行株式数の決め方!押さえておきたい5つのポイント

 

■資本金に悩んだら下記を参考にしてください。

資本金とは?会社設立時の資本金の5つの決め方と注意点!

 

5.提出書類の作成

最後は、A4用紙にまとめ、通帳のコピーと証明書をまとめてホッチキスします。その際に、左側の隅をしっかりと止めて、中に割り印を押していきます。

割り印は代表印です。

 

■印鑑が不明なら下記内容を確認してください。

会社・法人印鑑証明書の登録と登録できない印鑑・登録資格についての注意点

株式会社設立は会社の印鑑を4種類用意しよう!法人の印鑑が一番安いサイトはどこだ比較!

無料ホームページ作成   安い法人印鑑   税理士を探す

法人印鑑

税理士を探すのは非常に難しいです。自分にあった税理士を探すためにしっかりと検討してください。


 おすすめの記事

【サイトオープンのお知らせ】

会社設立情報のスタピ(スタートピッグ)をオープンしました。株式会社設立や合同会社設立の情報が満載です。

会社設立に必須な商品紹介

■オンラインで設立を安く!

申込みから設立までWeb上で可能になります。迅速かつ低価格のサービスなのでお勧めです。

株式会社:212,800円

合同会社:69,800円

と自分で行うより安く会社設立が可能なのが魅力!!余計な費用は一切かかりません。

■法人印鑑は設立前必須!

即日対応がうれしい!」法人設立に印鑑は欠かせません!個人の印鑑署名用と会社設立3本セットもすぐに届く!安くて早くてしっかりした法人印鑑販売サイトは他にはありません。

印鑑・実印・はんこ・法人印鑑の専門店「ハンコヤドットコム」 安心の品質と価格でご提供!

■設立後はホームページ!

設立後の無料ホームページ

操作性抜群の無料ホームページJmdo!KDDIが運営しています。無料テンプレートで見ているホームページのまま編集するのは画期的!作成と同時にスマートフォンも対応してこれで無料はすごすぎる!!

Jimdoで無料ホームページを作成する

当サイトについて

株式会社設立を自分で行うためにお役立ち情報を掲載しています。